新潟・新潟市の新築戸建・注文住宅・中古住宅ならローコスト専門店のまごころハウス

イベント情報

陸屋根の特徴とメリット|2016年8月28日

前回は、片流れ屋根についてご紹介しました。
施工コストが安くで残遺性も高いことから近年増加傾向にある片流れ屋根ですが、雨樋が心配になってしまう屋根の形でしたよね。

今回は、陸屋根の特徴とメリットについての紹介です。

陸屋根は、「ろくやね」あるいは「りくやね」と読み、屋上がある水平な形の屋根のことを言います。
マンションや、学校などの公共施設では多く見ることができる形ですよね。

以前まではあまり住宅になじみのある屋根の形ではなかったのですが、近年デザインの観点から住宅でも多く取り入れられつつあります。

屋根に傾斜がないため、豪雪地帯ではこの屋根の採用が進んでいるようです。
雪が多く降る地域では、屋根に積もっていた雪が滑り落ちてきて思わぬトラブルに…ということもありますが、傾斜が水平な陸屋根ではこういった心配が少なく済むんですね。

ただ、傾斜がない分雨水が上から流れ落ちにくくなっていて、雨漏りに対する危険性が高まることもあるようです。
雪が多い地域での採用とは違い、雨漏りの危険性を増してまで陸屋根に導入するメリットは、あまり無いように思えます。

次回は、はかま腰屋根の紹介です。

  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
新潟県・新潟市のローコスト住宅・注文住宅のマゴコロハウス
予約特典あり!イベント予約