新潟・新潟市の新築戸建・注文住宅・中古住宅ならローコスト専門店のまごころハウス

イベント情報

建築確認について〜目的|2016年11月3日

建物は人命や財産を保護し、快適な環境を提供する重要な役割を持っていることから、ほとんどの建物を建築する場合、建築基準法により建築確認が必要です。

新築に留まらず、増築や大規模改修等でも建築確認が必要となります。
建築確認の目的は、設計図書の中身が法律と合致しているかを確認することで、確認を受けずに工事を着工することはできないことになっています。

また、工事完了時には工事が設計図の通りに合法的に行われたかを確認するために、完了検査を受けなければなりません。
建築確認の義務は建築主にあります。

建築を建てようとする建築主は必要な設計図等をそろえて、建築確認審査機関等へ提出しなければなりません。
建築確認の審査は、主に申請された建物が建築基準法や関連する法律に合致しているかについて行われます。

原則として消防署長の同意が必要ですが、小規模な住宅は審査が免除されます。
確認申請では建築基準法以外にも、自治体の条例や地区計画の提出等についてもチェックされます。

関連する全ての法律に適合することが認められて初めて合格し、工事を着工することができます。

  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
新潟県・新潟市のローコスト住宅・注文住宅のマゴコロハウス
予約特典あり!イベント予約