新潟・新潟市の新築戸建・注文住宅・中古住宅ならローコスト専門店のまごころハウス

イベント情報

タンクレストイレのデメリット|2017年1月5日

タンクレストイレは水を溜めておくタンクが存在しないため、その分のスペースの確保できることで徐々に普及しているタイプのトイレです。
ただメリットが大きい分だけデメリットも存在し、タンクの上にある水が流れる場所が存在しないため、手を洗うことができず専用の手洗い器が必要となります。

また他のデメリットには、水道からの水圧によっては設置できないケースがあり、水圧がないと排せつ物などが流しにくくなる点が挙げられます。
そのためタンクレストイレを設置する場合には、事前に水圧の検査を行うことが重要です。

ただブースターの設置や小さいタンクを内蔵させるなどの方法での水圧対策が開発されており、以前よりは水圧対策の進化が進んでいるため、設置できないケースはほとんどなくなっています。
またトイレにはウォシュレットが取り付いているのが当然となっていますが、故障した場合、そのウォシュレットの部分が交換ができないデメリットがあります。

つまり故障時はタンクレストイレ全体を交換する必要があるためメーカー対応となり、割高となってしまうケースが存在します。

  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
新潟県・新潟市のローコスト住宅・注文住宅のマゴコロハウス
予約特典あり!イベント予約