新潟・新潟市の新築戸建・注文住宅・中古住宅ならローコスト専門店のまごころハウス

イベント情報

注文住宅と建売住宅の違いとは?~基礎知識編~|2017年1月10日

家を買おうと悩んでいると、ネットやチラシで“新築住宅”や“注文住宅”、“建売住宅”などの言葉を見かけることは多いのではないでしょうか。初めて目にすると実際どのような住宅のことなのかよく分からないですよね。そこで何度かにわけて、“注文住宅”と“建売住宅”の違いについてご紹介したいと思います。
 
そもそも注文住宅と建売住宅がどのような住宅なのかご存知でしょうか?
 
“注文住宅”とは、間取りや内装、外装、設備などを自由に選ぶことができるオーダーメイドの住宅のことです。工務店やハウスメーカー、建築士のいずれかに設計・施工を依頼して建ててもらいます。自分の希望通りの家をつくることができる反面、打ち合わせや工事に時間がかかってしまうという特徴があります。
 
“建売住宅”とは、土地と住宅をセットにして販売されている住宅のことです。既に完成している住宅が販売されていることが多く、家の間取りや内装、外装、設備などを実際に見てから買うかどうかを判断することができます。その反面、同じような仕様の住宅をまとめて建てて販売することが多いため、こだわりのある家に住みたいと思っている方には、あまり向いていない住宅になります。
 
いかがでしたでしょうか。では次回は、注文住宅と建売住宅のデザイン面においての違いについてご紹介したいと思います。

  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
新潟県・新潟市のローコスト住宅・注文住宅のマゴコロハウス
予約特典あり!イベント予約