新潟・新潟市の新築戸建・注文住宅・中古住宅ならローコスト専門店のまごころハウス

イベント情報

土地の下見はどれくらいするべき?おすすめの時間帯は?|2015年7月11日

慣れない土地での新居選びは、時間によって変わる土地の変化などが分からないので、下見をすることが重要です。

下見をする時には、チェックしたいポイントを準備し、ポイントを押さえて下見をすることで、住みはじめてから思っていたのと違っていたと言うことを防ぐことが可能となります。

下見には、時間帯を変えて、1日2回から3回程度、時間を分けていくのが理想です。
朝は通勤ラッシュの交通量やゴミ捨て場等の環境などをチェックすることが必要となります。

近くにある公園や通勤時間帯に営業している店があるのか、踏切がある場合には、どのくらいの間隔で列車が通るのかなどの実際に通勤にかかる移動時間を想定するのも大切です。

次に、昼間には日当りの確認をしましょう。

日当たりは、暗くなってしまってからだと確認することができず、また、日陰になる部分などを確かめることが出来なくなるため、日中の間に日が当たっている状態での確認が必要です。

夜は通勤・通学路の街灯の数や見通しの良し悪し、治安などをチェックします。
できれば、実際に帰宅すると思われる時間に行くことをおすすめです。

  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
新潟県・新潟市のローコスト住宅・注文住宅のマゴコロハウス
予約特典あり!イベント予約