新潟・新潟市の新築戸建・注文住宅・中古住宅ならローコスト専門店のまごころハウス

イベント情報

窓はどうやって選べばいいの?~その2~|2017年2月7日

前回は、窓が持つ役割をいくつかご紹介しました。ほとんどの窓は、サッシとよばれる窓枠とガラスで構成されています。サッシにもガラスにも様々な種類があり、その中から使用場所に合わせて選ぶことになります。では今回は、サッシの素材の種類と特徴をご紹介していきますね。
 
サッシの種類は大きく“アルミ”“木製”“樹脂”“複合サッシ”の4つに分けられます。
 
1.アルミ
アルミのサッシは強度が高く、軽量のため、少ない力で窓の開け閉めを行うことができます。また、サビにも強く変色もしにくいため、長い間きれいな状態で使うことができます。しかし、断熱性が低く、寒冷地ではあまり使われていません。
 
2.木製
木製のサッシは、何より木の質感や雰囲気を演出する効果に優れています。しかし、他の素材に比べると腐食しやすく、耐久性は劣ります。現在は、耐久性を向上させた木製のサッシの開発が進められています。
 
3樹脂
樹脂のサッシは、熱伝導率が低く、断熱性に非常に優れています。アルミに比べると強度は劣りますが、高い断熱性のため、寒冷地でも多く使われています。
 
4.複合サッシ
複合サッシは、二つ以上の素材を組み合わせて作られているサッシです。それぞれの素材の良い所を兼ね備えており、高い性能を持っています。
 
いかがでしたでしょうか。では次回は、窓を構成するもう一つの要因、“ガラス”の種類と特徴をご紹介しますね。

  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
新潟県・新潟市のローコスト住宅・注文住宅のマゴコロハウス
予約特典あり!イベント予約