新潟・新潟市の新築戸建・注文住宅・中古住宅ならローコスト専門店のまごころハウス

イベント情報

素材別シンクの特徴まとめ|2017年3月3日

キッチンを検討する際に、みなさんは何を重視するでしょうか?
キッチンを構成するものは数多くありますが、その中の一つとして「シンク」が挙げられるでしょう。
実は、そのシンク、素材によって特徴が異なるのですが、ご存知でしょうか?
今回は「素材別シンクの特徴」についてお話ししたいと思います。
ぜひ最後までご覧になってくださいね。

早速ですが、特徴別にそれぞれみていきましょう。

・ステンレス
シンクと聞いてイメージしやすいのがステンレスですよね。
ステンレスは耐久性・耐熱性・さびにくさなどの機能性に合わせて、メンテナンスがしやすい素材です。
また、加工を施すことで金属ならではの冷たい雰囲気を抑えることも可能です。

・人工大理石
人工大理石はアクリル系とポリエステル系に分けることができます。
アクリル系は透明感があり衝撃性などに優れるものだといえ、
対してポリエステル系はアクリル系より比較的安価なのが特徴です。
商品によって様々ですが、その柔らかい雰囲気は大きな魅力だといえます。

・ほうろう(ホーロー)
ほうろうには、鋼板ほうろうと鋳物ほうろうがあります。
どちらもガラス質の釉薬を金属の表面に焼き付けたものです。
重厚な雰囲気と耐熱性・耐久性の高さが特徴でしょう。

いかがでしたでしょうか。
この記事が参考になれば幸いです。

  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
新潟県・新潟市のローコスト住宅・注文住宅のマゴコロハウス
予約特典あり!イベント予約