新潟・新潟市の新築戸建・注文住宅・中古住宅ならローコスト専門店のまごころハウス

イベント情報

注文住宅でよくある間取りの失敗&公開を徹底解説!窓の位置編|2017年10月14日

今回も引き続き、注文住宅の設計でよくある失敗例をご紹介していきたいと思います。
前回の記事では、子供部屋の設計で起こりがちな問題をお伝えしました。ポイントはリビングを通って子供部屋へ行く間取りにするということです。
こうすれば、親子が顔を合わす場面が増え、コミュニケーションをとる機会も多くなります。今回ご紹介するのは、家の窓の位置や大きさに関する失敗例です。

・窓の位置は慎重に決めよう!
普通窓の場所に強いこだわりがある人は少ないのではないでしょうか?「日当たりがよければいいかなぁ」くらいに考えている人が大半だと思います。しかし、中も住宅の設計の際は、窓の位置にも注意を払いましょう。例えば、「隣家の窓と自宅の窓を隣り合わせにしてしまった」という失敗は意外と多いです。こうなるとお互いの生活音が筒抜けになり、落ち着きませんよね。

・窓の大きさにも注意を!
開放感があるので、大きな窓を取り付けたい!と思った人はいませんか?特にリビングなどは、明るさを重視し大きな窓にしようという方はおおいことでしょう。しかし、逆にテレビの配置に困ったり、カーテン代が高額になったといった後悔も耳にします。

いかがでしたか?今回は窓の大きさやその位置が原因の後悔をご紹介しました。注文住宅の間取りを考える際は、窓の大きさや位置にもしっかり気を使いましょう!

  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
新潟県・新潟市のローコスト住宅・注文住宅のマゴコロハウス
予約特典あり!イベント予約