新潟・新潟市の新築戸建・注文住宅・中古住宅ならローコスト専門店のまごころハウス

イベント情報

注文住宅でよくある間取りの失敗&公開を徹底解説!コンセント編|2017年10月11日

今回も引き続き注文住宅の間取りで後悔しやすいポイントをお伝えします。
前回の記事では、リビング階段を取り入れた人の後悔を簡単にお伝えしました。リビング階段を設置すると開放感のあるリビングになる一方、光熱費も高くなってしまいます。間取りを考える際は気を付けてくださいね。今回紹介するのはコンセントでの失敗です。実は、注文住宅ではコンセントで失敗をしてしまうことが意外と多いんです!

・コンセントの数は多めに!
注文住宅ではコンセントの数やその配線、位置まで自分で決めることができます。しかし、「よくわからないから設計士に任せようかな」という人が多いのではないでしょうか?実は、設計士が作った配線は使い勝手がよくないこともあります。よく聞くのはコンセントの数が足りない!という意見です。今や、子供でもパソコンを持つことが当たり前になっています。将来を見据えてコンセントの数は多めにしておきましょう!

・コンセントの位置も重要!
「ここにコンセントがあれば」と歯がゆい経験をした方も多いのではないのでしょうか?特に、キッチンでは電化製品をたくさん使うため。たこ足配線にしがちですよね。
このような失敗をしないためにも、間取りを決める際にはコンセントの位置にも気を払いましょう!
いかがでしたか?今回は後悔の起こりやすいポイントであるコンセントについてお伝えしました!コンセントの配線を考える際は、どこにあると便利なのかをイメージしてみてください!

  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
新潟県・新潟市のローコスト住宅・注文住宅のマゴコロハウス
予約特典あり!イベント予約