新潟・新潟市の新築戸建・注文住宅・中古住宅ならローコスト専門店のまごころハウス

イベント情報

注文住宅でよくある間取りの失敗&公開を徹底解説!吹き抜け編|2017年10月7日

「念願のマイホーム!自分の理想の家にしたい!」
「憧れだったおしゃれな住まいを実現したい!」
この様に、マイホームを建てる際にはいろいろと夢が膨らみますよね。一生に一回の買い物、それが「家」です。当然、理想や憧れての住まいを手に入れたい方は多いことでしょう。しかし、注文住宅を考える際は建てた後の暮らしをしっかりと想像しないといけません。実際に、家が完成した後で、間取りや土地選びの失敗に気づく人もたくさんいます。そこで今回からはそんな後悔を避けるために気を付けるポイントをご紹介します!

・吹き抜けって実際どうなの?
いまはやっているのが吹き抜けです。室内に太陽の光を効率的に取り入れ、明るさを確保するのが吹き抜けの目的です。また、この吹き抜けの家にあこがれを抱いている人も多いのではないでしょうか?しかし、一階と二階が筒抜けになっているため、空調が効きにくいという意見もよく聞きます。

・光熱費がかさんでしまう吹き抜けの家
冷暖房が効きにくいということは、当然光熱費の増加につながります。ローンの支払いがあるのに、光熱費がかさんでしますのは痛い出費ですよね。経済的な家づくりを目指すのならば、無理に吹き抜けの家はお勧めできません。

いかがでしたか?今回から注文建築の間取りで起きやすい後悔をご紹介していきます。初回の今日は吹き抜けについてお伝えしました。ぜひご参考にしてください!

  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
新潟県・新潟市のローコスト住宅・注文住宅のマゴコロハウス
予約特典あり!イベント予約