新潟・新潟市の新築戸建・注文住宅・中古住宅ならローコスト専門店のまごころハウス

イベント情報

新築を建てたけどキッチンが気に入らない そんな後悔をしないために知っておくべきこと 間取り編|2017年11月20日

キッチンは家を注文住宅で建てる際に不満が出やすい箇所の一つです。
キッチンは実際に使う人でないと、何に不満を持つかわからないということが多いです。
毎日食事を作るために長時間過ごすスペースですので、不満が出ないようにしっかり考える必要があります。
そんなキッチンで多く失敗する人がいる間取りについて、知って置くべきことを説明したいと思います。

・間取りの失敗例と成功例
キッチンは間取りがとても大切です。
同じ面積のキッチンでも、物の配置の仕方で家事動線が変わってきます。
システムキッチンにはI型とL型があるのですが、I型の場合横に移動距離が長くなります。

L型キッチンはほとんど動かなくても作業することができます。
しかし、設置スペースや収納スペースに違いができます。
対面キッチンにした場合、キッチン前にどれくらい壁を設けるかによって、
確保できる収納スペースの量に差が出てきます。

レンジ前には壁を設けて、シンク前だけに対面スペースを設けると使いやすくなるため、オススメです。

アイランドキッチンを設置した間取りは失敗したと感じる人が多いです。
アイランドキッチンは、キッチンとリビングの境目がわかりにくくなってしまう上に、
収納の少ない形状であるためです。
生活感が出てしまうために周りに何も置くことができないのに、物をしまうスペースが少ないためとても使い勝手が悪いと感じる方が多いです。

調理の音や匂いもリビングの快適感を損なうことがあるため、
ある程度キッチンとリビングの愛でに壁がある作りの方が世界はしやすいということができます。

どうだったでしょうか。
キッチンは毎日使うところなので、使いやすさに妥協せずに、
本記事を参考に素敵なキッチンを作っていただけたら嬉しく思います。

  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
新潟県・新潟市のローコスト住宅・注文住宅のマゴコロハウス
予約特典あり!イベント予約