新潟・新潟市の新築戸建・注文住宅・中古住宅ならローコスト専門店のまごころハウス

イベント情報

注文住宅を建てるなら失敗しないために絶対に気をつけておきたいこと コンセント編|2017年11月29日

注文住宅は建売住宅とは違い、オーダーメイドです。
そのため、実際に住むまで気づかない失敗をしてしまうことが多くあります。
間取りは、注文住宅を建てる際に、失敗したと感じる方が多いです。
その間取りのコンセントで後悔する方が大勢います。
注文住宅で失敗しないために知って置くべきコンセントのことについて、解説していこうと思います。

・コンセントの数と位置
注文住宅は自由設計であるため、コンセントの数や位置も一定の範囲内ですが自由に決めることが
きます。

しかし、ここで意外なほど多くの方が失敗したと感じます。
特にキッチン周りでは、増える一方の調理家電の数に追いつかず、たこ足配線をせざるをえなくなってしますことも考えられます。
そのため、どこにどんな家電を置くのか、延長コードで伸ばす必要がない位置にあるか、
など十分に検討する必要があります。

また、将来的にバリアフリーにしたいという希望があるのであれば、コンセントの位置は高くして置くと、良いでしょう。
一般的な家で見られるような低い位置にコンセントがあると、車椅子の車輪が刺さっているコンセントプラグにぶつかり、怪我や家電製品の故障につながることがあるからです。

いかがだったでしょうか
便利な家電製品がたくさん登場しているため、思わぬコンセント不足や、位置の誤りなどが多くあります。
そういったことがないように、十分検討し、コンセントに困らない注文住宅を建てましょ

  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
新潟県・新潟市のローコスト住宅・注文住宅のマゴコロハウス
予約特典あり!イベント予約