新潟・新潟市の新築戸建・注文住宅・中古住宅ならローコスト専門店のまごころハウス

イベント情報

必見!注文住宅で狭小地を広々見せる!空間づくりのポイントは!?|2018年2月23日

こんにちは!
前回の記事に引き続き、今回の記事でも狭小住宅を広く見せる方法をご紹介していきます!
前回の記事では光の利用と屋上の利用をご紹介しました。
今回もポイントをご紹介していきます。

◆ロフトの有効活用

狭小住宅では部屋数を確保することが難しいです。
そのためロフトもしっかり有効活用しましょう。
ロフトというと小さいスペースのためデッドスペースになりがちですが、ロフトを父親の書斎にするなどして部屋として利用することで、一部屋としてカウントできるでしょう。

◆スキップフロアを利用!

狭小住宅ではスキップフロアが活躍します。
その理由はスキップフロアにすることで、壁がなくても少し別の空間を生み出すことができるからです。
狭小住宅では部屋数が限られているので、スキップフロアを利用することで空間を二つ作ることが広く見せるポイントになります。

◆壁一面に大きな窓を!

狭小住宅で一番気になるのは圧迫感です。
その圧迫感を取り除くために壁一面を窓にすることで前回の記事でもあった、光をいっぱい取り入れることができ、圧迫感を解消することができます。
自然の多い場所に住宅があれば景色を感じられたり、周りとの一体感が生まれたりと、楽しみ方は多いと思います。

◆まとめ

二回に続けて狭小住宅の話でしたがいかがでしたか?
ロフトの有効活用は男のロマンでもあり、少し秘密基地要素なども含んでいて喜ぶ男性も多いのではないでしょうか。
ぜひ色々な方法を試してみてください!

  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
新潟県・新潟市のローコスト住宅・注文住宅のマゴコロハウス
予約特典あり!イベント予約