新潟・新潟市の新築戸建・注文住宅・中古住宅ならローコスト専門店のまごころハウス

イベント情報

ローコスト住宅を建てる秘訣!! 屋根率を考えましょう!!|2018年4月10日

ローコスト住宅では屋根率を小さくすることが必要です。

屋根率は延べ面積に対する屋根の面積のことです。延べ面積にタイルする屋根とは関係なく、建築基準法における建ぺい率と関係が有ります。

同じ面積の住宅では、屋根の面積が小さいほど建築費が安くなる傾向にあります。

屋根の面積は投影面性だけでなく、鉛直部分も関係します。

勾配が急だと面積が増えるので、コスト的には不利になります。

屋根は環境に合わせて大きさを変えることも必要です。

庇の出が少ないほうがコスト的には有利ですが、雨が多い場合は庇が必要なケースもあります。

ローコスト住宅で屋根の面積を抑えるためには、下屋を無くした総2階建てが望まれます。

総2階建ては延べ面積に対する屋根の面積を抑えることのできる建て方です。

屋根の部分は基礎と共にお金のかかる部分です。屋根の表面には防水性や防火性に優れた丈夫な材料が必要ですが、当然のこととしてコストがかかります。

屋根の面積を小さくすることにより、住宅全体の建築費を抑えることができます。

住宅の部材の中でも屋根は特に重要な部分です。

柱と屋根とだけあれば、建築の原型ができてしまうほどです。屋根は面積を抑えることが大切ですが、材質は良いものを使ったほうが長持ちします。

住宅の寿命を決めるのも屋根の耐久性なので、材料には十分なコストをかけることが必要です。

  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
新潟県・新潟市のローコスト住宅・注文住宅のマゴコロハウス
予約特典あり!イベント予約