新潟・新潟市の新築戸建・注文住宅・中古住宅ならローコスト専門店のまごころハウス

イベント情報

ローコスト住宅を建てる秘訣!! 基礎率を考えましょう!!|2018年4月11日

ローコスト住宅は、建築費を抑える工夫がされています。住宅の延べ床面積に対する基礎の面積を基礎率と定義します。

ローコスト住宅は地面に接している延べ面積の割合が低く、基礎率も低いことが知られています。

ローコスト住宅を建てるためには、地面に接している部分を減らすことで、基礎の面積を減らせることが知られています。

基礎の面積を減らすことにより、住宅の建築費を抑えることが可能です。

基礎の面積が減ると、建築費が減るには理由があります。住宅の中でも基礎の部分は高価な材料が多く必要で、コストがかさむことが知られています。

基礎には鉄筋が多く使われ、コンクリートもかなりの量が必要です。コンクリートを打ち込んでから必要な強度が得られるまでには時間がかかります。

そのため、基礎の面積が大きいと、建築費が跳ね上がります。

基礎の面積を減らせる方法に、総2階があります。下屋の部分を作らずに、全ての部分を2階建てとすることで、基礎の面積を最小にすることができます。

地盤が良くない敷地では、地盤改良が行われることがあります。

その場合も、木曽の面積が小さいと、地盤改良の費用が抑えられます。

ローコスト住宅が安い建築費でできるには、それなりの理由があります。その理由を確かないまま設計変更を要求すると、せっかくのローコスト住宅が安い価格でできなくなります。

  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
新潟県・新潟市のローコスト住宅・注文住宅のマゴコロハウス
予約特典あり!イベント予約