新潟・新潟市の新築戸建・注文住宅・中古住宅ならローコスト専門店のまごころハウス

イベント情報

耐震は大丈夫ですか?|2015年9月30日

2007年7月16日に新潟県中越沖を震源とするマグニチュード6.8の新潟県中越地震が発生しました。
各地で全壊・半壊を含む多くの建築被害をもたらしました。

建築被害の特徴として、古い工法で立てられた瓦葺の住宅や、古い寺院、比較的新しいものでも、車庫、倉庫、作業場などの間口が大きく軽微な建物に被害が集中したことが上げられます。

また、地盤の変形による上部の建物被害も確認されました。
わが国では、1981年に新耐震基準の構造設計が義務化され、それ以降に建築された建物は、その後に起きた大地震でも、地盤に問題がなく工事もしっかりした建物に関しては大きな被害は起きていないことが知られています。

現在の建築基準法では、木造住宅においてスジカイ等で補強した耐震壁の設置を義務付け、地震に対する安全性を確保しています。

新築住宅は鉄骨造を含めて建築確認申請により厳重な審査がなされ、地震に対しても一定の安全性は確保されています。

新築住宅はデザインや間取りに影響は無い部分で、耐震壁の設置を十分行うことにより、地震に対して安全な住宅を造ることができます。

  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
新潟県・新潟市のローコスト住宅・注文住宅のマゴコロハウス
予約特典あり!イベント予約