新潟・新潟市の新築戸建・注文住宅・中古住宅ならローコスト専門店のまごころハウス

イベント情報

階段で危ない思いをしないためには|2015年10月22日

普段は気に留めずに上り下りしている階段は、うっかりすると大変危険で、大きな怪我につながる危険性があるので、階段で危ない思いをしないように、対策をしておくことが大切です。

 

いつもどおり、階段を下りている時に、階段で足を滑らせて落ちかけたことはないでしょうか。
まだまだ、足腰の丈夫な若い方でも、階段から滑り落ちてしまうと、怪我や骨折をしてしまうことがあります。

 

階段で転んで尾てい骨やろっ骨を折ってしまったという人は、意外と多いのです。

そうならない様にするには、マットを階段に敷くことがおすすめで、特に高齢者や妊婦さん、子供を抱っこして階段を上り下りすることがある人がいる場合には、やっておきたい転落対策です。

 

また、小さなお子さんがいる場合には、階段の降り口に、柵をつけておくことがおすすめです。
転落防止にもなるし、子供が入らない様にするのも方法のひとつなので、危ない思いをしたり、怪我をする前に、対策をしておくことが大切です。

  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
新潟県・新潟市のローコスト住宅・注文住宅のマゴコロハウス
予約特典あり!イベント予約