新潟・新潟市の新築戸建・注文住宅・中古住宅ならローコスト専門店のまごころハウス

イベント情報

手すりが欲しいと感じる場所って|2015年11月29日

外出先で怪我をすることがあったとしても、慣れた家の中で怪我をすることはないだろうと油断をしていてはいけません。

いくら家の中だとはいっても、家の中でも危険な場所はたくさんあるからです。

家の中での危険を回避する為にも、あらゆるところに手すりを付けておくようにするといいでしょう。

手すりがある事によって、足元がふらついて転倒しそうになった時でも、手で体を支えることが出来ますので安全です。

手すりが欲しいと感じる場所としては、階段に手すりはつけておくようにした方がいいでしょう。

階段は降りる時だけではなくのぼる時にもあった方がいいですので、転倒や落下を防ぐためにもつけておかなくてはなりません。

そして、玄関口に手すりがあると妊婦さんに良いでしょう。

靴を履くためにかがまなくてはならなくて、立ち上がろうと思ってもお腹が重くて立ち上がれないような事になってもいけませんので、玄関にも必要になります。

その他にもトイレやお風呂場など、転倒しやすい場所に手すりをつけておくようにしておけば、家の中も移動をしやすくなるでしょう。

  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
新潟県・新潟市のローコスト住宅・注文住宅のマゴコロハウス
予約特典あり!イベント予約