新潟・新潟市の新築戸建・注文住宅・中古住宅ならローコスト専門店のまごころハウス

イベント情報

屋根の形はどうしたらいい?|2015年12月1日

住宅を作るうえでは、屋根の形はどのようにすればいいのでしょうか。

デザイン面だけで考えるのではなく、実用性のあるものにしていかなくてはなりません。

地域によって屋根の語りは変化させるようにしておくことです。

雪が積もるような地域は屋根の傾きは急にしておかなければなりません。

なぜ急にする必要があるのかというと、雪が降り積もって家がつぶれる恐れがなくなるからです。

雪の重みというのは、大変な重さになりますので、その重さで家が押しつぶされてしまうような事もあります。

頻繁に雪かきをすることが出来ればいいですが、何日も雪が降り続いてしまえば、雪かきどころではありません。

外に出る事さえもできなくなってしまいますので、家がつぶれてしまう危険性があります。

少しでも雪が屋根の上に降り積もらないようにする為にも、出来るだけ屋根の傾きは急にするようにしておいた方がいいでしょう。

デザイン面を重視したために、家が壊れてしまうような事があってもいけませんので、実用性を考えて設計をすることで、家を守ることが出来るようになるのです。

  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
新潟県・新潟市のローコスト住宅・注文住宅のマゴコロハウス
予約特典あり!イベント予約