新潟・新潟市の新築戸建・注文住宅・中古住宅ならローコスト専門店のまごころハウス

イベント情報

外断熱のメリット・デメリット|2016年3月7日

外断熱工法を用いた建築物やチラシ・住宅関連での記事などで目にする機会が増えるにつれ、外断熱は現在世間でも一般的なワードとなりつつあります。

そんな外断熱を採用するメリットとして挙げられるのは、まず何より建物の寿命が長くなることでしょう。

よく用いられるRC構造の建物などでは、コンクリート壁の内側で断熱・保温をします。

そのために外壁は外気の影響を受けてしまい、夏場では70℃もの高温に達し、膨張します。

反対に冬場には0℃まで下がり収縮してしまいます。

繰り返される膨張・収縮によりコンクリート壁にダメージが蓄積され、寿命を縮めることになるのです。

しかし、外断熱工法を採用することによりコンクリート壁の状態は安定し、寿命が長くなるといったメカニズムがあります。

また他にも、部屋の温度が安定するため空調代の節約にも繋がる、結露が発生しにくい、外部騒音の低減などさまざまなメリットがあります。

しかし、どんな良いものにも悪い点があるようにデメリットがあります。

それは費用です。

外断熱は従来の内断熱工法よりも割高になります。

しかし、あらゆるメリットを考慮し、さらに長い目で見た場合はお得と言えますよ。

  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
新潟県・新潟市のローコスト住宅・注文住宅のマゴコロハウス
予約特典あり!イベント予約