新潟・新潟市の新築戸建・注文住宅・中古住宅ならローコスト専門店のまごころハウス

イベント情報

浴槽リフォームで最低限抑えておくべきポイントとは|2016年4月13日

お風呂は一日の疲れをとる大切な場所ですが、長年生活していると汚れや設備の老朽化が目についてきて、浴室リフォームを考える時期がやってきます。

そんな時どのような点を考慮すべきでしょうか。

まず一番は家族の安全を考慮した浴室を考えることです。

浴室は事故が起きやすい場所です。

足を滑らせて転倒したり、温度差によるヒートショックが脳梗塞や脳出血を引き起こしたりと、毎年多くの人が浴室で亡くなっています。

家族の安全のためには、出入り口の段差をなくし、滑りにくい床材や転倒を避けるための手すりや、ヒートショック対策としての浴室乾燥機の設置など、バリアフリー対策とヒートショック対策をとる必要があります。

また、掃除がしやすい造りや汚れが付きにくい素材の重要です。

浴室はカビが発生しやすく、水回りの中でも最も汚れやすい場所ですから、リフォームの際には抗菌処理や防カビ対策がとられた素材を選んだり、換気のしやすさも十分考慮すべきです。

浴室乾燥機を設置するのも良いです。

カビの抑制とヒートショック対策の両面から見ても大変おすすめです。

  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
新潟県・新潟市のローコスト住宅・注文住宅のマゴコロハウス
予約特典あり!イベント予約