新潟・新潟市の新築戸建・注文住宅・中古住宅ならローコスト専門店のまごころハウス

イベント情報

断熱材の使用箇所について|2016年4月16日

家をリフォームをするとき、断熱材を使用した断熱リフォームをすることが多くなってきています。

家を断熱することで、部屋の空調の効き目が良くなる事で、年間にかかる電気代を抑える事もできます。

冷暖房の使用を少なくすることは、地球環境にも優しくなります。

また、家の耐久性もよくなるため、最近では内装をきれいにしたり、使い勝手をよくする目的以外に、断熱もかねてリフォームすることが多いです。

断熱材の使用箇所は大きく分けると「屋根」「壁」「床」の3つになります。

この3つの部分に断熱材を使用することで、断熱効果は高まります。

断熱は、各箇所によって断熱の種類もまた変わってきます。

屋根や壁、床に使う断熱の種類は異なりますし、断熱の施工方法にも様々な種類があるので、場合によっては家を広く活用することができるのです。

使用する断熱材の素材や施工方法は様々ですので、それぞれの特徴や効果、価格も含めて選ぶことが大切になります。

断熱リフォームを初期費用は高くつきますが、長い目で見た時のランニングコストや家の耐久性に差が出てくるので、一度、ご検討してみてはいかがでしょうか?

  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
新潟県・新潟市のローコスト住宅・注文住宅のマゴコロハウス
予約特典あり!イベント予約