新潟・新潟市の新築戸建・注文住宅・中古住宅ならローコスト専門店のまごころハウス

イベント情報

在来工法のメリットとデメリット|2016年4月24日

住まいを建てる際に注目したいのがその物件をどのような工法で建設するかということです。

日本で最も多く採用されている工法に木造在来工法があります。

これは木造住宅の工法の一つで「木造軸組工法」とも呼ばれ、柱と梁の軸組による工法で、日本の伝統的な工法を現代的にアレンジしているため、比較的コストをかけずに建築することも可能になっています。

この方法の特徴は設計上の制限が少ないため、間取りや仕様に融通がきき、より自由度の高い間取りや仕様を取り入れることができるようになっているという特徴があります。

地元の工務店や建設事務所などほとんどの業者が採用しているので、業者の選択肢が多いというのも魅力ですから多くの業者に見積もりをもらうことができます。

また木造在来工法の特徴としてリフォームがしやすいことも挙げられます。

暮らしやすい住まいというのは家族のステージが変化するに連れて変わっていくものですから、木造在来工法のようにリフォームに対応しやすい物件なら、家族のかたちが変わってもリフォームすることで長く愛着を持って暮らせる家づくりができます。

  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
新潟県・新潟市のローコスト住宅・注文住宅のマゴコロハウス
予約特典あり!イベント予約