新潟・新潟市の新築戸建・注文住宅・中古住宅ならローコスト専門店のまごころハウス

イベント情報

「両手仲介」の悪しき習慣|2016年5月2日

不動産を売却するときには売主も買主も仲介手数料を支払う必要があります。

特定の不動産会社が物件の売主と買主両方から手数料を取ることを両手仲介といいます。

日本では売り手と買い手が得る手数料は3%と上限がありますが、仮にA社という不動産会社が仲介を依頼した売り手からだけでなく、A社自身が買い手を探し出し、その買い手との不動産の売買が成立すると一度の取引でA社が6%の手数料を得ることになるのです。

そのため、A社は6%の手数料を得るために、あえて他の不動産会社にその物件を紹介しなかったり、A社自身が見つけた買い手を最優先にして、他の不動産会社が仲介する買い手が提示する売却価格より、安い売却価格でA社自身が見つけた買い手との成立を取り付けようとするなどといった、売り手にとってデメリットが大きい悪しき習慣がはびこっている実情があります。

そのため、不動産に売却の仲介を依頼されたときには、一定期間その物件を不動産流通機関のデータベースに登録して全ての不動産業者が閲覧できるようにするという決まりができています。

  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
新潟県・新潟市のローコスト住宅・注文住宅のマゴコロハウス
予約特典あり!イベント予約