新潟・新潟市の新築戸建・注文住宅・中古住宅ならローコスト専門店のまごころハウス

イベント情報

両手仲介がなくなることのデメリットとは|2016年5月16日

不動産を売却するときには売主も買主も仲介手数料を支払う必要があり、
特定の不動産会社が物件の売主と買主両方から手数料を取ることを両手仲介といいます。

この両手仲介が行うために、不動産によっては物件の情報を他社に出さない囲い込みをすることになり、売り手にとっては、安い値段で取引されてしまうため損であるということが一般的には言われています。

しかし、両手仲介には、デメリットしかないのでしょうか。
仮に両手仲介が禁止となってしまったら、売り手にとってどのような影響がでるのか、今回はご紹介します。

たとえば、家を売りたいという人がいて、それを不動産会社に相談するとします。
現在のルールでは、売り側の不動産会社は指定流通機構へ情報登録をしたり、別の不動産会社に客付けをする一方、自らも検索サイトへ登録したり、落ち込みチラシ等での集客を行います。
そこで、家の買い手が見つかれば、その初めに相談された不動産会社が両方から手数料をもらって、両方と交渉をして物件の取引が行われます。

これがもし、両手仲介禁止となると、複数の不動産会社が介入することになり、
取引の流れが悪くなることもあり得るということです。
不動産会社が直接顧客との接点を持てなくなるので、
ここで価格交渉などがスムーズに動かなくなってしまうと、結果的にマイナスと言えます。

このように、悪いと思われがちの両手仲介ですが、いざなくなるとそれはそれで困るというものなのです。
両手仲介そのものが悪いのではなく、囲い込みをする不動産会社がよくないといえるので、
不動産会社はしっかりと評判なども気にして選ぶことを心がけましょう。

  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
新潟県・新潟市のローコスト住宅・注文住宅のマゴコロハウス
予約特典あり!イベント予約