新潟・新潟市の新築戸建・注文住宅・中古住宅ならローコスト専門店のまごころハウス

イベント情報

家の寿命ってどのくらいなの?|2016年6月2日

日本の家は耐久性がないため、築30年で解体されることが少なくありません。

せっかく多額の費用をかけて家を建設しても、たった30年で解体されるのであればもったないといえます。

耐久性を高めて家の寿命を延ばすためには、長持ちする家をたてる必要があります。

長持ちする家とは、地震などが起こっても崩れない耐久性のある構造で、さらに家がたっている地域の気候や風土に合った家が良いとされています。

雨が多い地域であれば湿気が家の中にこもらないような対策をとるなど、地域に合った家づくりが必要です。

そして耐久性がある家の特徴は、こまめにメンテナンスをしている家です。

少し壊れたり、汚れていてもまだ大丈夫だと放置していたら、加速度がついて劣化が進んでしまいます。

劣化が進む前にメンテナンスをすることで修繕費用も安くすみますし、大がかりな補修の必要がなくなります。

また耐久性がある家の特徴として、基礎工事や外壁の内装材など目に見えない部分の工事がしっかりされていることがあげられます。

家の寿命は一概には言えませんから、信頼できる工務店と建築方法を選ぶことで、長く伸ばすことができます。

  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
新潟県・新潟市のローコスト住宅・注文住宅のマゴコロハウス
予約特典あり!イベント予約