新潟・新潟市の新築戸建・注文住宅・中古住宅ならローコスト専門店のまごころハウス

イベント情報

チョーキング現象って?|2016年6月8日

チョーキング現象は触るだけで分かるので、外壁塗装の目安として良いでしょう。

この現象はどんなものかと言えば、それは壁を触った時に手の平に白い粉が付いてしまう現象のことです。

つまり、この現象は外壁塗装の劣化を表しているサインなのです。

外壁塗装については、外壁を守ってくれるものです。

単に建物の見栄えを良くするだけのものではありません。

もしこの現象が起きてるのに、ずっと放って置くとどうなるでしょう。

チョーク現象を放置しておくと外壁にヒビが入ったり、カビが生えたりと多くトラブルが起こるのです。

トラブルが起きた時は、ちゃんと新たな外壁塗装をしてください。

そうしないと、外壁自体が劣化してしまいます。

ひどい場合、その建物全体の修繕が必要になることもあります。

外壁の見た目には特に何も問題がなくても、もしかしたらチョーキング現象が起きているかもしれません。

時々、手で外壁を触ってチェックしましょう。

その建物を守るためにも、チョーキング現象のような外壁塗装の劣化を表しているサインを見落とさないようにしてください。

  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
新潟県・新潟市のローコスト住宅・注文住宅のマゴコロハウス
予約特典あり!イベント予約