新潟・新潟市の新築戸建・注文住宅・中古住宅ならローコスト専門店のまごころハウス

イベント情報

高気密住宅のデメリットとは|2016年7月3日

高気密住宅は、外部との熱のやり取りを少なくすることで、夏の冷房、冬の暖房の効きをよくします。
そのため光熱費が抑えられることが特徴です。
しかし、デメリットもあることを忘れてはいけません。

高気密住宅の最大のデメリットは結露です。
気密性の高さゆえに湿気が屋内にこもりやすくなるのです。
湿気の原因は例えば住む人そのものであり、キッチンや浴室であったりします。

結露は、家の中に住む人の健康に悪影響の可能性もあります。
結露によりカビが生えたりすることが健康にとってよいはずはありません。
さらには、人の健康面もさることながら、家そのものの傷みも早めることになりかねません。

結露と健康被害を防ぐための解決法は、できるだけ換気をよくすることです。
気密性の良さと相反していると思われるかもしれませんが、別に常時換気しなさいと言っているわけではありません。
定期的にしっかりと換気をすることを勧めているのです。
窓を開ける、それも二方向以上の窓を開けて十分に外気を取り入れること、もしそれが不可能な場合は、窓を開けつつ換気扇を回したり、扇風機を回したりすることが効果的です。

  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
新潟県・新潟市のローコスト住宅・注文住宅のマゴコロハウス
予約特典あり!イベント予約