新潟・新潟市の新築戸建・注文住宅・中古住宅ならローコスト専門店のまごころハウス

イベント情報

この見積もり書の言葉の意味って何?|2016年7月6日

見積もり書には、様々な費用に関連した用語があります。
これらの意味をしっかりと把握していないと、後々のトラブルにつながる可能性もあるため、提示された数字の意味を理解しておくことは、非常に重要となります。

 

まず、直接工事費というのは建築物を完成させるのに必要な費用です。
これは、建物本体に直接的にからむ足場や基礎、内外装、材料、労務費など、工事の機械や運搬などにかかる費用が含まれます。

一方、総合仮設費というのは建物をたてるために必要な仮費用のことです。
これは、現場の調査費や仮囲い、工事用電気や水道の使用料の他、安全対策費、近隣対策費など、建物の工事の内容には直接かかわらないものの、建築物を完成させるのに必要な設備費用が含まれています。

そして、純工事費というのは総合仮設費と直接工事費を合わせたものであり、これが基本的な工事費用となります。
そのため、工事費用としては、まず、この数値に注目すればよいわけです。
ただし、実際の工事費用は、純工事費に各種の管理費用を加えたものとなるため、純工事費よりは確実に高くなるという点に注意する必要があります。

  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
新潟県・新潟市のローコスト住宅・注文住宅のマゴコロハウス
予約特典あり!イベント予約